スカルプD 育毛剤

僕の薄毛が、スカルプDの育毛剤では治らない理由・・・

半年ほど前から毎日使い続けたスカルプDの育毛剤「スカルプジェット」
ですが、使い続けて半年以上になっても、僕の薄毛はいっこうに治る気配がありませんでした。

 

 

「このままじゃ、ヤバい!」
「薄毛がどんどん広がっていく一方だ・・・」

 

と焦る一方の僕でした。
育毛シャンプーで有名なスカルプDから発売されている育毛剤ということで、
何となく使い始めたスカルプジェットでしたが、僕の薄毛に効果は感じられませんした。

 

そこで、僕なりに髪の事、薄毛の事をいろいろ調べた結果、

 

 

僕の薄毛にスカルプDの育毛剤は効果がない

 

 

ってことに気づきました。
僕が調べて気づいたことをシェアしたいと思います。

 

 

アンファーから発売されているスカルプDの育毛剤「スカルジェット」で得られる効果は、
頭皮の血行促進と頭皮環境の正常化の2つです。

 

 

実際にスカルプDの育毛剤に含まれている有効成分と
その他の成分によって得られる効果をまとめると以下のようになります。

 

有効成分と得られる効果
  • 酢酸DL-α-トコフェロール・・・血行促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・肌荒れ防止
  • タマサキツヅラフジアルカロイド・・・血行促進

 

上記以外にもスカルプDの育毛剤には様々な成分が含まれていますが、
その役割は、肌を健やかに保つためのものと、保湿効果です。
つまり、頭皮環境を正常に保つための効果です。

 

  • その他の成分・・・保湿、肌をすこやかに保つ効果(頭皮環境の正常化)

(その他の成分・・・カッコンエキス、豆乳発酵液、ニンジンエキス、タケノコ皮抽出液、イリス根エキス、チンピエキス、ホウセンカエキス、チャエキス、マツエキス、ツボクサエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、濃グリセリン、1,2‐ペンタンジオール、BG)

 

結局のところ、スカルプDの育毛剤で得られる効果というのは、
頭皮の血行を促進する効果と頭皮環境を正常に保つ効果の2つなのです。

 

 

スカルプDの育毛剤で得られる効果
  • 頭皮の血行促進
  • 頭皮環境の正常化

 

 

頭皮の血行を促進することは確かに重要な事です。
薄毛や抜け毛で悩んでいる人というのは、決まって毛根に元気がありません。
毛根の細胞が弱体化してしまっているために、ヘアサイクルと呼ばれる毛周期に乱れが生じ、
本来であればまだまだ成長するはずの髪が抜け落ちてしまうのです。

 

血液には酸素と栄養素が含まれており、頭皮の血行を促進することで
より多くの酸素と栄養素が毛根の細胞に供給されるようになります。
それによって毛根に活力が生まれ、乱れたヘアサイクルが改善し、薄毛、抜け毛対策になるのです。

 

 

頭皮の環境を正常に保つことも重要です。
薄毛、抜け毛で悩まされている人の中には、頭皮環境の悪化が原因の人もいます。

 

頭皮というのは、皮膚呼吸をして外から酸素を取り込んでいます。
頭皮環境が悪化していると十分な酸素を吸収することできなくなってしまい、
それによって毛根の細胞が弱体化してしまうことになるのです。

 

乾いたフケが大量に発生する粃糠性脱毛や、皮脂が過剰に分泌することによる脂漏性脱毛も、
頭皮環境の悪化が原因による髪トラブルです。

 

髪が生える土壌を整えるという意味で、頭皮環境を正常に保つことは、
薄毛や抜け毛予防に必要不可欠な要素なのです。

 

 

スカルプDの育毛剤で得られる効果は、頭皮の血行促進効果と頭皮環境の正常化です。
頭皮の血行不良、頭皮環境の悪化が原因の薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、
スカルプDの育毛剤を使用することで髪トラブルの改善を図ることができます。

 

 

ですが、

 

 

僕の薄毛は、頭皮の血行を促進したり、頭皮環境を健全な状態に保ったところで、
治ることはないことに気づいたのです。

 

 

なぜなら、僕の薄毛の最大の原因は、男性ホルモンだったからです。

 

 

僕なりにいろいろ調べた結果、僕の薄毛を引き起こしている最大の原因は男性ホルモンでした。
いわゆるAGA、男性型脱毛症というやつです。

 

AGA、男性型脱毛症の場合、原因となっているのは男性ホルモンであり、
男性ホルモンの脱毛作用そのものを抑えない限り、症状が改善することはありません。

 

スカルプDの育毛剤には残念ながら、男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はないです。
あるのは何度も言うように、頭皮の血行促進効果と頭皮環境の正常化効果。

 

スカルプDの育毛剤に、男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果がない限り、
いくらスカルプDの育毛剤を使用し続けたところで、僕の薄毛は治らないのです。

 

 

スカルプDで僕の薄毛が治らない理由
  • 男性ホルモンの作用を抑える効果がないから

なぜ、僕の薄毛の原因は男性ホルモンなのか!?

ネットでいろいろ調べていくうちに、自分の薄毛の原因が男性ホルモンだと
気づいたのは、以下の理由からです。

 

 

僕の薄毛の原因が男性ホルモンである理由
  • ハゲ家系に生まれている(父親も祖父もハゲ)
  • 頭頂部だけ部分的に薄い

 

 

「遺伝でハゲる」と世間ではよく言われますが、僕の家系を見てみると、
僕は明らかにハゲる遺伝子を受け継いでいます。

 

僕の父親はハゲ、母方の祖父もハゲ・・・

 

父親がハゲているのであれば、その子供も当然ハゲる遺伝子を受け継いでいるということ。
さらに、僕の場合は母方の祖父もハゲていました。

 

ハゲる遺伝子は、母親から遺伝しやすい、とよく言われていますよね。
仮に僕が運良く、父親からハゲの遺伝子を受け継いでいないとしても、
母親からハゲの遺伝子を受け継いでいる可能性があるということです。

 

なぜなら、母方の祖父もハゲているため、母親がハゲの遺伝子を持っている可能性があるからです。
父親から運良くハゲ遺伝子を遺伝されてなくても、母親側の祖父からの遺伝子が遺伝されている可能性があり、
ハゲる遺伝子を高確率で僕は受け継いでいるということです。

 

そして、遺伝でハゲる人は、男性ホルモンの影響を受けやすい人だということ。
男性ホルモンは、男性であれば誰しも体内に流れているにも関わらず、
その影響でハゲる人とハゲない人がいるのは、体質的に男性ホルモンの影響を
受けやすい人と受けにくい人がいるからです。

 

男性ホルモンの影響を受けやすい体質が遺伝されるから、遺伝でハゲるわけです。
要するに、ハゲ家系の人というのは、男性ホルモンの影響を受けてハゲやすいということです。

 

 

僕のハゲ方からも、僕が男性ホルモンの影響を受けているのがよく分かります。
男性ホルモンが原因の薄毛というのは、ハゲかたに特徴があります。

 

その特徴は、以下のとおりです。

 

  • 前頭部が局部的に薄くなる
  • 前髪の生え際が後退する
  • 頭頂部が薄くなる
  • 前頭部+頭頂部が薄くなる

 

前頭部か頭頂部、もしくはその両方に症状が表れるのが、
男性ホルモンが原因の薄毛の症状です。

 

ポイントは、側頭部や後頭部の髪は全く問題がないということ。

 

側頭部や後頭部の髪に問題がないにも関わらず、頭頂部や前頭部の髪が局部的に
薄くなっていくのは明らかな男性型脱毛症であり、原因は男性ホルモンなのです。

 

薄毛の症状の表れ方というのは、人それぞれ個人差がありますが、
最終的に側頭部と後頭部の髪を残して髪が抜け落ちると言われています。

 

僕の場合は、頭頂部から症状が表れるパターンした。
側頭部や後頭部の髪は全く問題ないにも関わらず、頭頂部の髪だけ薄くなっていく・・・
ハゲかたからも、間違いなく原因は男性ホルモンだったのです。

 

※もう騙されない!スカルプDの育毛剤で、僕の薄毛が治らない理由。

スカルプDをやめて、僕が現在使用している育毛剤・・・

半年間使用し続けたスカルプDの育毛剤でしたが、スカルプDの育毛剤には、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はないことが分かった時点で、
スカルプDの使用は一旦やめ、使用する育毛剤をもう一度調べ直しました。

 

僕の薄毛にとって一番重要な事は、男性ホルモンの脱毛作用を抑えること。

 

頭皮の血行促進や、頭皮環境の改善効果は、
男性ホルモン対策をしながら並行して行うべきだということ。

 

世の中には様々な育毛剤がありますが、僕の薄毛に最も効果的なものを
片っ端から調べ直しました。

 

調べまくった結果、僕が選んだ育毛剤がチャップアップという育毛剤でした。

 

※もう騙されない!スカルプDの育毛剤で、僕の薄毛が治らない理由。

 

スカルプDを使用していたときからチャップアップの存在は知ってはいましたが、
何がいいのか当時はさっぱり分かりませんでした。
半年前は育毛関係の知識がほとんどなかった僕でしたからね。

 

ですが、調べていくうち、チャップアップという育毛剤には高い抗男性ホルモン効果があり、
その効果は育毛剤の中でもトップクラスであるということ。
さらに、頭皮の血行促進効果や、頭皮環境の改善効果もそれなりに高く、
僕が求めていた条件をキッチリ満たしていた育毛剤だったのです。

 

チャップアップ以外にも、抗男性ホルモン効果がある育毛剤はありましたが、
その半面、血行促進効果が弱かったり、頭皮環境の改善効果が弱かったり、
トータルバランスで難があるものがほとんどでした。

 

そんな中、チャップアップは高い抗男性ホルモンがありながら、
頭皮の血行促進効果や頭皮環境の改善効果も高い育毛剤だったのです。

 

先日まで僕が使っていたスカルプDと、その効果を比較すると以下のようになります。

 

 

スカルプDとチャップアップの効果比較

効果

スカルプD

チャップアップ

抗男性ホルモン

頭皮の血行促進

頭皮環境の正常化

 

 

お手頃価格のスカルプDと比較すると、値段が若干はるチャップアップですが、
やはり高いだけのことはある育毛剤です。

 

高い抗男性ホルモン効果はもちろんのこと、頭皮の血行促進効果や、
頭皮環境の正常化効果もスカルプD以上のものがある育毛剤です。

 

男性ホルモンの作用を抑えながら頭皮の血行を促進するという、
スカルプDにはなかった効果が得られるのがチャップアップです。

 

まだ使い始めて10日ですが、これから僕の髪がどう変化していくか、すごく楽しみです。
スカルプDを買う前に、ちゃんと勉強していたら最初からチャップアップを選んでいたんですけど・・・。

 

※もう騙されない!スカルプDの育毛剤で、僕の薄毛が治らない理由。

 

男性ホルモンによる薄毛は、放置しておけばどんどんその症状が進行していきます。
髪を作り出す毛根の細胞はどんどん弱っていき、最終的には毛根が死滅してしまいます。
毛根が死滅してしまえば、髪を復活させることは不可能。残された道は自毛植毛くらいです。

 

僕の髪の毛根は弱ってはいるものの、幸いにもまだ死滅はしていません。
薄毛の原因をつきとめ、その対策を始めたことでまだまだ挽回できるはずです^^

 

これから3ヶ月後、半年後、僕の髪がどう復活したか、
またこのサイトでお知らせしたと思います!

 

僕のように、ムダな薄毛対策をしないよう、薄毛で悩んでいる人は、
自分の薄毛の原因をもう一度確認して見てください。
そして、それに合った育毛剤を使用することが重要だと僕は思います。